色褪せてしまう想い出を 記憶のノートに溜めながら 安らぎ求める旅は続く
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
telnetからではなくWebminから起動コマンドを送ってやると、ブラウザを落としてもロイディは起動したままになった。

これでThinkPadを落とそうが繋がったままだな。

でも時々玄箱を再起動してやる事を忘れないようにしないとメモリがヤバそうだw
スポンサーサイト
IRCの某チャンネルでロイディを飼ってるんだけど、玄箱から動かそうと思い玄箱にrubyの実行環境を入れる。
# apt-get install ruby

GDBMが無い と言われるので
# apt-get install libgdbm-ruby


あとはThinkPadからreudyのフォルダを玄箱にコピーして動かすだけ

と思ったら…
前々からNASが欲しかったんだが、フラッと寄った某球団のスポンサーの家電量販店で優勝セールやってて、
玄箱/HGが玄箱とあまり変わらん値段で売ってたので、特売してたHDDと共に衝動買いw

このページ等を参考に、Debian(Linuxの多数あるうちの1種)化等々をして、Debian自体を新しいバージョンにアップデート(Linuxなので、当然無料w)

アップデートが済んでsamba3を入れれば、MacでもWindowsでもファイル名の制限がなく使える♪
(Windows環境だけで使うなら、こんな手間かけなくてもノーマルでいけるんだけどね…w)

でもtelnetでログイン(玄箱にはモニターもキーボードもないからねw)した先でlsコマンドで見ると日本語ファイル名が化ける…orz

と思ったら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。