色褪せてしまう想い出を 記憶のノートに溜めながら 安らぎ求める旅は続く
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Tigerの発売に併せて(?)QuickTimeの7がリリースされたので、早速ソフトウェアアップデート経由でアップデート。
完了したら指示通りに再起動
のはずが、いつまで経ってもOSが終了してくれないので、コマンド+コントロール+電源ボタンで強制再起動。


あれ?なんかいつもと違う…
そこに表れたのは、懐かしきOS 9の、しかもシステムが見当たらない時に出る、フォルダに”?”が点滅するアイコン…

いつもならLinuxのブートローダーから立ち上がって、x m l cのキーによってどのOSから起動するか(xでOS X、mでOS 9、lでLinux、cでCD)を選択するんだが…

とりあえずもう一度強制再起動。

オプションキーを押しっぱなしにして、起動ディスクの選択(別パーテにOSが入ってる場合のみ有効)のはずが、起動可能ディスクが何も出ない…

もう一度強制再起動

ジャーン♪という起動音の直後にコマンド+オプション+P+Rをもう一度起動音が鳴るまで押し続けてPRAMのクリア。

Linuxのブートローダーこそ来ないものの、OS Xの起動画面に到着出来る事を確認。

もう一度強制再起動。
すぐにコマンド+Sを押しっぱなしにしてシングルユーザーモードで起動。

黒背景に白文字で何やらいっぱい出て来たら手を離す。
fsck -y
と入力してディスクの修復。

これでひとまずOS Xは起動OK。
まだ試してないけどOS 9も多分無事だろう。

ブートローダーが表れないんで、Linuxは入れ直しだな…orz
スポンサーサイト
この記事へのコメント
2005.04/30(土) [mimi]
2005.05/01(日) [すみれ]
2005.05/02(月) [TOMO]
2005.05/03(火) [すみれ]
2005.05/05(木) [TOMO]
2005.05/07(土) [すみれ]
2005.05/09(月) [TOMO]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://tomotomotomo.blog3.fc2.com/tb.php/132-96e5964e
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。