色褪せてしまう想い出を 記憶のノートに溜めながら 安らぎ求める旅は続く
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハンダ付けしてた…w
と言っても、ラインセレクターの部品が届いたわけではなく。

これに引き続き、レスポールの内部配線を交換したてのだ。

前々からこのギター弾いてて「ヌケが悪いなぁ…」って思ってたので、いつかはやろうかと思いつつなかなか気分が乗らなくて(分解するの面倒だから)ようやく交換。

前回の時みたいな高いビンテージワイヤーではなく、今回はギター用シールド(パッチケーブルとしての方が有名?)のGeorgeL'sを使用。

このケーブルは普通のシールドより細いので、まぁ入るかな?とw
ちなみに、ラインセレクターの配線もこのケーブルで作る予定。

とりあえず分解して、古い配線を全部外す。
ケーブルを必要な長さに切って、剥いてハンダメッキ。

ん…?このケーブルの+線ってこんなに細いのか?
とビックリ。(パッチケーブル作る際は専用のプラグ使えばハンダ付け要らないので初めて剥いたので)

必要な本数が用意できたので、いざギター内へ組み込み。

やってみると、やっぱり内部配線で使うモノと比べると格段に太いので、ボディ内の穴を通すのが大変…w

無理矢理中に指突っ込んで引っ張り出したりしたせいで右手中指を少し怪我した(ハンダごてで火傷したんじゃないぞ?)ものの、何とか完了。


どう変化したのか、わくわくしつつ弾いてみる。




全然違うギターになったかの様な変化が。

格段にヌケが良い!!
低音域は前の方が出てた気はする(単に前は高音域がヌケてこなかったので相対的に低音域が出てる様に感じてた/ヌケが良くなった事によって、相対的に低音域がなくなったように感じるだけかも知れないが)が、この方が好みだから良し。
ギターの低音は出すぎるとバンドで音出す時にベースと被って殺しあっちゃうしね。
ギター単体の音圧なんかより、各楽器の音が分離良く鳴ってる方が全体的の音圧は上がるんだぞ!(と、ココを見てるはずもない昔のメンバーに言ってみるw)

しっかし、怪我した指が痛い;

ま、そんなに深い傷でもないし、右手はピックと箸さえ持てれば生きていけるさw
スポンサーサイト
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://tomotomotomo.blog3.fc2.com/tb.php/314-210ec2cc
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。