色褪せてしまう想い出を 記憶のノートに溜めながら 安らぎ求める旅は続く
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
愛用しているBOSSの名機、アナログディレイのDM-2(はい、そこ!BBD使ってるから本当はアナログじゃないとか言わないw)
かなり古いモノで、中古でも結構な値段のする代物。
(5年位前に石橋楽器心斎橋店にて\25,000位で購入 当然中古)

しかし、先日作ったPowerSupplyで電源供給すると、スィッチ踏んでもLEDは光らないし、Dry音(エフェクトのかかってない、素の音)のみでWet音(エフェクトのかかった音)は鳴らない。

急遽、前に使ってたGuyatoneのPowerSupplyに繋いでみたところ、使える。

他のエフェクターは自作のPowerSupplyでも問題なく動くので、調べてみると…

GuyatoneのPowerSupplyは出力が実は9.78Vもあった!
自作の方は9.1V(本当はジャスト9Vにしたかったけど、トリマをほんのちょっと動かしただけでかなり変わるので、ここでOKにした)
この、ほんの0.68Vの差で動かないらしい。

でもTrueBypassじゃないのにDry音は出るので、完全に動作してないわけではないようだ。

どうしたものかと思っていたら、この記事を発見。

使えてたから気にしてなかったけど、確かに使うアダプタは限定されてたな…。

早速、リンク先の記事を参考に抵抗とダイオードを外してジャンパ線に置き換え。

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

無事にWet音も鳴るようになった!
前から気になってたLEDの暗さも改善。
付け替えたら明るくなるかな?と思って、CE-2の部品と一緒に3mmのLEDも注文してたけど、必要なくなったw

そして、なにより良かったのが、音が良くなった事!!!
以前だとディレイというよりはリバーブっぽい感じの、かなりぼやけたWet音だったけど、クッキリ!
でもデジタルディレイの様なクッキリではなく、いい感じに高域の削れた、良い音。

外した抵抗とダイオードによって、2~3V落ちるようになっているという事なので
以前は9.78-2=7.78~6.78Vでの駆動
今は外したので9V駆動
1.22~2.22Vの差でこんなに音が変わるのね。

改良した部分は電池駆動だとパスされるので、これが本来の音のようだ。(購入してから5年経ってやっと知ったのねw)


ところで、このダイオードは…何?
1N914等に似てる外観だけど、何も印字はナシ。
詳細わかる方いらっしゃいましたら、ご一報ください。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
2006.07/16(日) [sumire]
2006.07/16(日) [若葉♪]
2006.07/16(日) [まっちゃん]
2006.07/17(月) [まや]
2006.07/17(月) [まや]
2006.07/17(月) [TOMO]
2006.07/17(月) [TOMO]
2006.07/17(月) っていうか[TOMO]
2006.07/17(月) [まや]
2006.07/17(月) Cappucci[BlogPetのCappuccino]
2006.07/18(火) [TOMO]
2006.07/18(火) [まや]
2006.07/18(火) [TOMO]
2006.08/13(日) 銀ネジ[テラピン]
2006.08/13(日) [TOMO]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://tomotomotomo.blog3.fc2.com/tb.php/385-3ce9f06f
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。