色褪せてしまう想い出を 記憶のノートに溜めながら 安らぎ求める旅は続く
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ふぅ…疲れたw
もうCE-2は作りたくないかも…w
ま、いつだったかに書いた「目標:今月中に完成」てのは守れたのでヨシw

配線忘れが、計4箇所(内1箇所間違い含む)があった(1つ前のエントリ参照)けど、修正したらOK♪

しかし…Vibモードがわかりにくい;
(まだドコかミスってる可能性も否定はできないけど)

そして、基盤むき出しのままチェックしてる最中に、スイッチの端子のとこに手を触れたら黄色のLEDが死亡…(-∧-)合掌・・・

ま、効果が微妙だったのでVibモードは使わんだろうから、死んでても問題なし(いや、次の部品注文の際に買って直しますよ)。

トリマーいじってて気づいた事が1つ…
トリマーを右に回していくと、wet音が鳴らない or 鳴っても歪む


んで、写真UP





tonepadに載ってるmodを全部詰め込みました。
ただ、載ってる通りではなく、松美庵さんのところに
C14を0.022μFに変更。ここはCE-2BとCE-2の違いを決めるコンデンサ。CE-2は0.033uF、CE-2Bは0.012uFということで2Bの方が高音寄りに音域を制限しているということだ。
ノーマルのままでE.LEVELを上げると低音が鼻につく(-_-;)、ピッキングの音がコンプレッサー掛かっているみたいに聞こえる。これは嫌なので、中間の0.022uFで納得!

と載っていたので、ON-OFF-ONのミニスイッチを使って0.012μF、0.022μF(0.012+0.01)、0.034μF(0.012+0.022)の3通りを選択できるように変更。

また、同じくC22も
C22を68pに変更。Tonepadの「CHORUS INTENSITY CAP SWITCH MOD」である。Tonepadでは元々の47pに更に47pを追加するようなことが書いてあるが、これはエグ過ぎ!Depthツマミで調整はできるものの、半分より上は到底使わない。なのでこれまた中間の68pにしたらしっくり来た。

と載っていたので、同様にON-OFF-ONのミニスイッチを使って
47pF、69pF(47+22)、94pF(47+47)の3つを切り替え可能に。

まだセッティングが定まらないけど、なかなか良いよ♪


(追記)
しばらく鳴らしていると、ツマミを弄ってもあんまり変化がない事に気づいた…
全部をフルにしてもかなり大人しい。
そりゃVibモードが???だわな。
まだドコかがオカシイっぽい…;

しかし、さんざん基盤を見比べても配線忘れや誤配線は見当たらない…

MN3007やMN3101の不良とかじゃなければ良いんだが…(高いからw)
スポンサーサイト
この記事へのコメント
2006.08/28(月) [若葉♪]
2006.08/28(月) [TOMO]
2006.08/28(月) [シャケ]
2006.08/28(月) [clethra]
2006.08/28(月) [skip]
2006.08/28(月) [clethra]
2006.08/28(月) [TOMO]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://tomotomotomo.blog3.fc2.com/tb.php/408-1e528bc1
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。