色褪せてしまう想い出を 記憶のノートに溜めながら 安らぎ求める旅は続く
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
以前組み上げた際に気になっていた、CUTのツマミを逆に配線しなおし。(runoffgrooveの回路図とは逆になります。)
あと、片方のトリマorその隣の100μの電解の辺りが接触不良っぽい(触ると音が出なくなったりしてた)ので、ハンダゴテを当てなおし。

今度はバッチリ!

まだケースが未加工だけど…orz
なんか面倒でねぇ…。バッファー+2Loopのケースも、昨日漸く1回目の塗装をしたところ。
寒いのでなかなか乾きませんw

肝心の音の方ですが、ホンモノのMATCHLESSは鳴らした事がないので、比較は出来ませんが、代わりに(?)GP-100の中のMATCHLESSのシミュレートと比較。

ギター→MATCH BOX or GP-100(MATCHLESSのシミュのプリのみ)→改造したG-10(ギターアンプ)のプリ部をすっ飛ばして、パワーアンプに入力して比較。

MATCH BOXはDC-30のCH2、GP-100はDC-30のCH2なんだけど、テイストはありますね。
CH2なせいか、歪みは強い…

プリ部をすっ飛ばす改造、やっと試す事が出来たけど良いね。
別のプリアンプ繋ぐと、まったく別のアンプになります。(当然だけどw
(SEND/RETURNのついてるアンプなら、RETURNに突っ込むのと同じ)

色んなプリアンプ作りたくなってきた…w


気が向いたらMATCH BOXの音、どこかにUPするかも?
スポンサーサイト
この記事へのコメント
2006.11/25(土) [シャケ]
2006.11/25(土) [TOMO]
2006.11/26(日) どうもです。[塵屋敷]
2006.11/26(日) [TOMO]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://tomotomotomo.blog3.fc2.com/tb.php/459-5a63ae8d
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。