色褪せてしまう想い出を 記憶のノートに溜めながら 安らぎ求める旅は続く
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
またまたFuzzFactoryのハナシです。

先日の記事で、ビョ~~~~ンが鳴らないけど一応完成した事にするとか書いたけど、やっぱり気になるので、また分解。

ホンモノの中身の写真(基盤の裏表もアリ)と、一番最初に基盤作る時に参考にしたサイトのパターン、
作った基盤(松美庵さんのところのレイアウト図に合わせて作り直した)を見比べる事数時間。

何箇所か写真がわかりにくいところがあるが、フランスのサイトの回路の方が「ほぼ」そのままという解析結果に。

違いはStabのPOTの1番と2番が繋がってるかどうかだけ。

最初にこっちで作ったのにな…ColdをGNDに落とし忘れてノイズだらけな事に気付かずに作り直したせいで、また作り直し…orz

基盤の余りもあったので、一度パーツを全部外して基盤ごと作り直す事に。

早速、チェック。
もちろん音は鳴る。
フランスのサイトと松美庵さんのとこの違いはStab・Comp・GateのPOTの配線なので、効きは違う感じ。
期待大!!
問題のセッティングにしてみると…

デモビデオみたいなビョ~~~~~~ンは鳴りません

っぽいニュアンスはあるものの、あそのまでの音にはならない;

考えられるポイントとしては
1)デモビデオは電池駆動だけど、ACアダプタで駆動させている。

電池の減り具合によっては電圧も違うし…と思ったけど、Stabって下げると電圧下がるはずなんで関係なさそう。

2)使ってるゲルマニウムトランジスタが別
AC128を使って組んだが、ホンモノは何が使われているのか不明…

3)温度(?)
hFEを測る時に、トランジスタをつまんだままだと体温で温められて特性が変わる。
こっちは暖房ナシの比較的寒い部屋、デモビデオはどこだかはわからんが…おそらく暖かい(勝手に推測)ところ。
影響あっても不思議ではない気がする。

4)トランジスタのマッチング
2つのゲルマニウムトランジスタのhFEがメーカーのものは揃えてあるのかも?
手持ちのはいくらだったか忘れたけど…10位の差だった様な気はする。
百数十くらいのhFEだった気がするので、10も違えば10%位の差。
結構デカイ。
でもこんな高いトランジスタ、マッチングさせようと思うとすごい金額になりそうなので試す気はナシ。


5)個体差
松美庵さんのBBSを見てると、ホンモノ持ってるけど楽器屋で試奏すると違うかったという書き込みを発見。
ホンモノでも個体差大きいなら、例のビョ~~~~~ンはホンモノでも鳴らない可能性もあるのかも?
そのうち楽器屋で試奏させてもらって検証してみるか…

でも現行のだと少し変わってそうなんだよなぁ…(ブツブツ


という訳で(?)今度こそ諦めよう。
塗装&ラベル貼りを済ませたら完成!
スポンサーサイト
この記事へのコメント
2006.11/27(月) [まや]
2006.11/27(月) トランジスタは揃[BlogPetのCappuccino]
2006.11/27(月) [TOMO]
2006.11/28(火) [まっちゃん]
2006.11/28(火) [TOMO]
2006.12/03(日) わかりました![ゆういちろ]
2006.12/03(日) ビヨ~ン出ましたよん[わらしべ]
2006.12/03(日) [TOMO]
2006.12/03(日) [わらしべ]
2006.12/04(月) [えでい]
2006.12/05(火) [TOMO]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://tomotomotomo.blog3.fc2.com/tb.php/460-fd476607
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。