色褪せてしまう想い出を 記憶のノートに溜めながら 安らぎ求める旅は続く
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
計画~着手したのって確か去年の夏の終わり~秋とかだったよな…;
東京から帰ってきたら、某Tパーツからケースがやっと届いたとか書いた記憶が…。

ブログも放置しまくりで、気付いたらCappuccinoが3つ位連続で書いてるし;

で、タイトルの通り漸く組み立て。
と言っても、実はもっと前に完成はしてましたw

んじゃ、何したかというと…

Hikkyさんの記事にもあるとおり、ブーストさせるとハイが目立つようになるので、オペアンプの帰還部分にTSと同じ様に51pのコンデンサを追加してたんだけど、ここのコンデンサを交換。
ちょっと贅沢して。コーネルダブラーのシルバーマイカを採用。
あとはブースト量を調整するトリマをケースの外からいじれる様に穴を追加&それに伴い、メイン基盤からトリマと上記コンデンサを別基盤にして移動。
基盤固定用のプラスチックのやつ(何て言うの?あれ)基盤を固定するようにしたけど…1つじゃ回ります(もう少し考えろよな…w)
高さはトリマと調度合うので、他は何も小細工なし。

※ついでに写真もなしですが、気が向いたら追加するかも。

で、音の方は…
ほんの少しブーストさせるとキモチE!
音にハリが増えます。
追加したコンデンサのおかげで、変に目立ってたハイも自然に。(もう少し削れても良い気はする)

そして…ギターアンプからラジオの音が(ぇ
これはまぁ…シールドがアンテナ代わりになってラジオとか無線を拾う事があるというのは昔からよく言われてる事。
バッファーによって信号がアンプに流れやすくなったので、今まで気付かん程度に受信してたものが聞こえやすくなったのかな…?と予想。
バッファー抜いても、アンプをフルゲインにしたり歪み系のエフェクターのGain&Volをフルにすると聞こえるので、機材の置き場所&周辺の問題でしょう。

チューニング用のミュートスイッチを入れてても、時々パチッって音が鳴るのは何だろう…?
どこかミスがある悪寒…

折角作ったけど、まやさんが最近公開したKennyBufferにそのうち入れ替える予定www
だって±15Vの方が音良さそうなんだもんw
スポンサーサイト
この記事へのコメント
2007.02/09(金) [まや]
2007.02/09(金) [sumire]
2007.02/10(土) [TOMO]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://tomotomotomo.blog3.fc2.com/tb.php/496-8241c982
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。