色褪せてしまう想い出を 記憶のノートに溜めながら 安らぎ求める旅は続く
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MIDIの打ち込み時等、マウスでチマチマ打つのもアリだがMIDIキーボードがあると結構便利だ。
別にピアニストの様に弾けなくてもOKw
ちょっと位失敗しても後でマウスで修正できる。
入力に限らず、ちょくちょく話に出してるReasonのサンプラー等のデバイスのパッチの音チェックにもMIDIキーボードがあれば、いちいち「シーケンサーにデータ入力→再生」という手順を踏まずにすむ。
どこかのキーを押せば何かしら音が出るわけだからねw
家でいじる場合は鍵盤が手元にあるからいいんだが…電車の中で等、MIDIキーボードがない場合にあると便利な物があった。
MidiKeysというOS X用のフリーウェアだ。
これはMacのキーボードをMIDIキーボードに見立てる物で、IAC Bus経由でシーケンサー等にMIDI情報を送信する事が可能。
打鍵の強さの情報であるVellocityはさすがに一定にしか出来ないが、なかなか便利ではある。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
2005.03/26(土) [空]
2005.03/27(日) [huyuo]
2005.03/27(日) [TOMO]
2005.03/27(日) [空]
2005.03/29(火) [TOMO]
2005.03/30(水) [空]
2005.04/01(金) [TOMO]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://tomotomotomo.blog3.fc2.com/tb.php/86-92be395c
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。